読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京堂ショールームスタッフブログ

東京堂ショールームスタッフによるブログです。商品情報や毎日のイベント等をお伝えします。

♡ 大人気♡ リボンで作る巻バラ 作り方講座❁

アレンジ情報

f:id:TKDSRM:20160421175957p:plain

今回は店頭でお問い合わせの多いリボンの巻バラの作り方についてご紹介します!

 今回使用するリボンは東京リボンさんのアイテムです。

SUシュガーストライプ RT37125-8》 幅は22mm。


それでは早速、ご説明します!!


①リボンの左端を手前に折ります。

f:id:TKDSRM:20160421175208p:plain

 

 

②写真の人差し指で示した部分から矢印の方向へきつく巻き込んでいきます。

f:id:TKDSRM:20160421175522p:plain

この部分がお花の芯になります。

 

③矢印の部分が約2.5㎝になるまで巻きます。

f:id:TKDSRM:20160421175626p:plain

 

④正面側からリボンに手を添え、手のひらをひっくり返すように
リボンを後ろ側へ倒します。

f:id:TKDSRM:20160421175720p:plain

f:id:TKDSRM:20160421175752p:plain

 

 

⑤手順②で作った芯を手前に90度巻きます。

f:id:TKDSRM:20160421175818p:plain

 

 

⑥手順④⑤を繰り返し行います。

花の形が五角形になるようにするときれいな形になります

 

⑦最後は芯の部分と織り込んできたリボン端をまとめて持ち
ワイヤーで固定します。

f:id:TKDSRM:20160421175919p:plain

直径約5㎝の巻きバラの完成~!

こちらは約55㎝の長さを使用しました。

ワイヤー入りリボンは形を作りやすいのでお勧めです。
リボンの種類を変えると、トップ画像のように雰囲気がかわります!

シンプルな無地のワイヤー入りリボンはカラーバリエーションが豊富。
仕上がりを想像してリボンを選ぶと楽しいですよね♪

f:id:TKDSRM:20160421180024p:plain

 

 

幅92mmのリボンを使うと華やかな大輪の巻バラも作れます!

【リボン品番名前】

f:id:TKDSRM:20160421180049p:plain

以前、アーティス2階のバレンタインディスプレイでゴージャスに飾りました☆

詳細はこちら→★★★

f:id:TKDSRM:20160421180156p:plain

 

SUシュガーストライプ

片面のリボンですが濃淡が出て可愛くつくれます~

f:id:TKDSRM:20160421180354p:plain

 

SUツートンツートン

エレガントな印象に!

f:id:TKDSRM:20160421180535p:plain

f:id:TKDSRM:20160421180552p:plain

 

今回「巻バラ」をご説明するにあたり、東京リボンさんより発売されている
巻バラコサージュキットを参考にさせていただきました。

f:id:TKDSRM:20160517161333j:plain

RT81010-色 上代700(税抜)

初めて作られる方はこちらのキットで練習されてみてはいかがでしょうか?4色展開となっております。ご興味のある方はアーティス2階でお問い合わせください♪

 

ショールーム情報はこちら⇒❁❁❁

 

以上アーティス2階友田でした。